【どもり.com】〜どもりの検査〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
domori21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここではどもりの検査について、詳しく説明していきましょう。

どもりの検査には色々な方法があります。また、検査対象者が大人と子供でもその方法は変わってきます。
まず子供の検査でよく用いられる方法が、『吃音小学生用コミュニケーション態度自己評定尺度』と呼ばれる、性格や態度などを客観的に評価する方法です。これはどもりになった直接的な原因を調べる方法です。
この他に、『TS式幼児・児童性格診断検査』と呼ばれる、性格が形成される基礎段階にある子どもたちを客観的に把握し、養育上必要な配慮を見出すための検査方法があります。この検査では簡単なイエス・ノー回答を行う事で、顕示性・神経質・情緒不安・自制力・依存性・退行性・攻撃性・社会性・家庭適応・学校適応・体質傾向の計11項目を診断します。これらの検査を受けたい場合は、「ことば教室」という言語聴覚士が指導してくれる教室があり、そちらで検査を行っています。
大人の場合は、リハビリセンターや音声言語医学会などで検査を受けることが出来ます。


⇒ どもりの治療

sponsored link




【どもり.com】TOP

copyright©2012  【どもり.com】〜吃音症の原因・治療・克服〜  All Rights Reserved