【どもり.com】〜呼吸法や体操による克服〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
domori21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここではどもりに対する、呼吸法や体操による克服について詳しく説明していきます。

どもりで悩んでいる方の多くが、呼吸が浅く乱れやすいという傾向にあります。呼吸が浅く乱れると、落ち着きを無くしどもりの症状が悪化してしまいます。どもりを克服するためには、呼吸法を改善するのが効果が期待できるのです。
ご存知の方も多いと思いますが呼吸法の改善とは、腹式呼吸を習得することなのです。
腹式呼吸は呼吸時にお腹を使う呼吸法で、息を吸うときにお腹を膨らませ息を吐くときにお腹を引っ込めるという方法です。腹式呼吸を習得することで、呼吸が深くなり乱れにくくなります。呼吸が深く乱れにくいと、自然と落ち着いて話すことが出来て、どもりの症状が軽減できるというわけです。

また、 どもりの方は身体や筋肉が一般的に硬いと言われているので、ストッチや柔軟体操を行うと良いでしょう。柔軟体操やストレッチで全身の血流やリンパの流れを改善し、自然治癒力を高める事で、脳への血流が促進され、落ち着いてリラックスした状態を作れるようになって、どもりが改善されるのです。

ただし、あくまで一部の患者に対して効果があったというもので、全てのどもり患者に呼吸法や体操が効果があるということはありませんので注意が必要です。


⇒ 発声練習による克服

sponsored link




【どもり.com】TOP

copyright©2012  【どもり.com】〜吃音症の原因・治療・克服〜  All Rights Reserved