【どもり.com】〜どもりの諸問題〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
domori21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここではどもりに対する諸問題について、ご紹介していきます。

どもりは世間的にまだあまり認知されていない病気です。理解者も少なく、馬鹿にされたりいじめや差別の標的となってしまうケースも多々有ります。大人の場合、就職や仕事上でも大きな難関が待ち受けているでしょう。
職場では上司や取引先との営業、電話の応対など色々な人と会話をする必要があります。会話の中でどもってしまうと、相手に伝わらないだけでなく相手に不快感を与えてしまう可能性すらあるのです。

また、どもり患者の中でも自分の病気に対する考え方の違いによる対立などの問題もあります。
どもりは恥ずかしい、治したいという考え方と、どもりは恥ずかしいとは思わない、受け入れるべきだという考え方の方が居て、両者の間では治療や日常生活の中でさえもかなりの相違があります。
他にも自分の治療体験が元で、他人にそれを押し付けようとして衝突するといった問題もあります。

現時点ではどもりに対する完全な治療法があるわけでもなく、原因すらも明確になっていない状況なので、こうした様々な問題が起きてしまうのは必然なのかもしれません。
今後どもりに対して理解ある人間が増える、そんな社会になって欲しいと願います。


sponsored link




【どもり.com】TOP

copyright©2012  【どもり.com】〜吃音症の原因・治療・克服〜  All Rights Reserved