【どもり.com】〜幼児のどもり〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
domori21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここでは幼児のどもりについて、詳しく説明していきます。

どもりが発症するタイミングが、2,3歳の幼児に多いということが分かっています。幼児は右脳と左脳の連絡がまだスムーズに取れないため、話そうとする内容が頭に浮かんでから言葉に発するまでに少し時間がかかってしまうことがあります。それが積み重なってどもりとなってしまうのですが、このときに周りからどもりを叱られたり責められたりすると、本人はどもらないようにしようと思い詰めてしまいます。これが辛い経験となり、どもりの悪循環になってしまう場合があるのです。幼少期のどもりは小学生になる頃には自然と治ると言われていますが、大人になっても約100人に1人程度の割合で続いてしまうようです。

幼少期からどもりを治すためには、子供の話をよく聞いてあげることが重要です。また、不安な様子が見えたら抱きしめてあげるのが良いでしょう。どんな子供でも抱きしめられると安心感を得ることが出来るので、非常に効果的です。


⇒ どもりの検査

sponsored link




【どもり.com】TOP

copyright©2012  【どもり.com】〜吃音症の原因・治療・克服〜  All Rights Reserved